その悩み。苦しさ。生き辛さ。ずっと抱えたまま生きていく必要はないんです。

こんにちは。 心理セラピストの福満多岐子です。「大げさ?」「変な悩み?」「でもずっと苦しい」「未来が不安」「誰にも言えない・・・・・」そんな気持ちを一人で抱えていませか?「本音で自分の望む人生を生きていきたい。」そう感じていませんか?
リトリーブサイコセラピーという心理セラピーを軸に「心の問題」を根本から解決していくサポートをしています。

リトリーブサイコセラピーとは?

親も歳だしね。そろそろ仲良くしたいけど。【実家と両親】

人間関係

こんにちは。
大阪のリトリーブサイコセラピー、心理セラピストの福満 多岐子です。

お盆休みでございますね。「夏休み」!!!の弾けたイメージが浮かぶ人もいれば「家族」「実家」「お墓参り」が浮かぶ人もいると思います。

どちらにしても今年は例年とは部分もありますね。

「コロナがあるから」実家に帰れない、と感じる人もいると思うし。「コロナのせいにして」実家に帰らなくていいからラッキーと感じる自分に気付く人もいますよね。他にも「コロナなのに来いと言われて嫌と言えなかった」とか「コロナを理由に拒否された感じ」とか、色々なバージョンあると思いますが。「本音にふと気づく」

ここ、重要ですよね。

実家に帰る帰らないではなく、「ふと気づいた本音」無視せず掘ってみるのもいいと思いますよ。。。

さて今日はそんな「実家問題」の根本「親子問題」について。

親とは「わだかまりなく」「仲良く」「いい関係」でいたいんです

「親ももう齢だし、それなりに親の気持ちもわかるし、もめずに良い関係でいたいんです。」

相談に来て下さる方の中には「両親」または、母親や父親に対してこのようにおっしゃる方は多いんです。

  • そろそろ介護も考えなくてはいけない。
  • 同居している。
  • 自分は長男長女だから。
  • 自分は一人っ子だから。

だから親を受け入れなければいけないし、ある程度我慢しようと思っている。それなのに

  • どうしても些細な事で腹が立って喧嘩になってしまう。
  • 親の面倒を見ているのに偉そうにされ腹が立つ。
  • 未だに過干渉であれこれ言ってくる親をスルーできない。
  • 他の姉妹兄弟はちっともわかってくれない。
  • 親が自分を蔑ろにする。
  • 子供の時からの気の合わなさが今もある。
  • 虐待やひどいことをされたことを思い出して未だに腹が立ってしまう。

それが現実。ここで悩んでしまうんですよねここを詳しく聞いていくと、大きく分けてこの二つの気持ちを口にする方が多いんです。

  • 親への「苛々」を感じなくなりたい。広い心でスルーしたい。
  • 親がちょっとは変わってくれたら、わかってくれたら我慢できるのに。

「理想の親子」に今度こそなれるかもしれないという期待。

  • 「親に感謝できる幸せ」
  • 「親への恨みを手放して」
  • 「親もまた未熟だった」
  • 「親なりの不器用な愛情だった」

そんな言葉を聞いたことはありませんか。なんて耳障りの良い言葉でしょう。確かにそのような感情を親に持てたら楽ちんです。そしてそんな関係になれたら幸せでしょうね。

でも待ってください。その為に「もめずにいい関係」になりたいがために

  • 親への「苛々」を感じなくなりたい。広い心でスルーしたい。

と思っているわけです。。

親への苛々はあるんですよ。確実にそこに。あなたの心の何かが反応しているから「苛々」するんですよ。あなたの心の中で何かが「嫌だ!!!!!!」とあなたに訴えているんです。それを感じなくなりたいって、どういうことかわかりますか?

感じなくなったら、そもそもあなたはどうできると思います??そう。大事なのは感じなかったら「どうできる」と思っているから「感じなくなりたいのか?」です。

苛々を感じなかったら

  • 良い娘でいられる
  • 優しくできる。
  • 我慢できる。
  • 良い関係が築ける。

そんな感覚があるのではないでしょうか。

でもこれって、はっきり言えば「自分自身の気持ちを殺すことで親とよい関係を維持したい」という事ですよ。これってどう思いますか?

では、もう一つのこれはどうでしょう。。

  • 親がちょっとは変わってくれたら、わかってくれたら我慢できるのに。

これははっきりいえば「親が変わってくれればよい関係になれるのに」という事です。

手放せないのは「幼少期からの感覚」と「依存」

  • 自分自身の心をストップさせて殺して親のいう事を飲み込む。
  • 親が自分を理解して変わってくれる。

このどちらかしかない関係。この感覚は苦しいんです。なぜなら自分に対する主導権もこの関係に対する主導権も自分には「全く」ないからです。

これは心理的には「親の支配下で生きている」という状態です。ある意味「親の庇護下で生きたいと願っている。」状態です。

「え??うちは毒親だし庇護されてません!!」と思うかもしれません。でも、幼少期においてはどんな毒親であろうとも一緒に暮らしている場合は特にね「その庇護から抜け出す」事をしたら「生きていけない」わけです。

しんどいのに嫌なのに、望まない形での親の庇護のもとにいる状態。そうしないと生きていけない。親との関係を壊すと自分も死んでしまう。そんな幼少期の感覚。依存するしかなかった頃のその感覚です。

この悩みの本質は、今もこの「幼少期の感覚」が手放せていない状態にあるといえます。

本当の意味での「反抗期」「自立」と「それぞれの人生」

どんな状態でも「幼少期」の子供にとっての命綱は「保護者」ですよね。基本的には「母親」と「父親」です。この両親の価値観を丸のみにして、最初は子供は育っていきます。子供は小さな頃は、自分の母親を「同じ」と思っているという説もある程です。その安心感の中で育っていくんです。

そして成長するにつれ大人になるにつれ「これは違う。」「僕はこう思う」「これは私と違う」「私はこうしたい」と、自分のいうものが出来ていきます。

そして「自分はこうだ!!」と自分を確立させていく過程に、いわゆる「反抗期」というものがあります。ここでアイデンティティを確立させるといわれます。

ですが、

  • 毒親だった
  • 機能不全家族だった
  • 家族仲が悪かった
  • 家族と安心安全な関係がなかった
  • 貧困、病気などで、親の事を心配していた

そんな状態だと、この「反抗期」というものを子供は通過する事が出来ません。

  1. 反抗しない良い子ちゃんでいる
  2. 反抗なんて許されない威圧の中にいる
  3. 反抗なんてあきらめてる無気力でいる
  4. 反抗期は反抗しているが自立はできない でいる

という不健全な状態で、この「反抗期」をスルーしてしまうんです。

4.だけ補足すると、一見派手に反抗するのですが「おかあさんわかってよーーーーーー!!こっちみてよ======」という「かまってよ!愛してよ」の反抗的な表現だけで終わっている状態です。「自分はこうしたい」とアイデンティティを模索するところまでいかず、いわば「遅れてきたイヤイヤ期」のような状態で終わっています。(でもないよりは良いんですよ。

いずれにしろ、共通することは「自分の人生を自分の責任で自分軸で生きる」ための大事な過程を抜かしてしまっているという事です。

まずは「自分の気持ち」と「自分の人生」の舵をもつ事から。

それもそのはずなんですよね。

  • 毒親だった
  • 機能不全家族だった
  • 家族仲が悪かった
  • 家族と安心安全な関係がなかった
  • 貧困、病気などで、親の事を心配していた

こんな状態では、子供は自分の成長のために時間を過ごすことはできないんです。安心してるからこそ心から反抗できるし、それでも「自分はここにいていい」「安心して生きていていい」という感覚があるからこそ、「親とは違う自分として」の「アイデンティティ」を見つけていく事が出来るんです。これが出来なかったのはあなたが悪いわけではありません。むしろ、いい子でいたいからこそ自分の事を後回しにしてきたし、今も「いい子、良い娘」になろうとしてしまっている。。

でも

「親ももう齢だし、それなりに親の気持ちもわかるし、もめずに良い関係でいたいんです。」

と、悩んでいる方は気づいていらっしゃる通り「親が悪いんだ」と怒り恨むだけでは「解決」はしないんですよね。だから悩んでいる。(別に恨んでも良いんですけどね。)

大事なのは、自分の中ですっ飛ばしてきた過程を、通過する事です。あ、今から親に「反抗期」してご覧!!!って意味でもないです。(これも別にしてもいいけどね)

  • あの頃無視してきた自分の気持ちを受け入れていく
  • どんな恐怖で自分を抑えてしまったのか
  • どんな悲しみを封印して生きてきたのか
  • どんなふうに親に変わって欲しかったのか
  • 本当はどんな愛情が欲しかったのか
  • そして「自分」はどう生きたいのか

そんな、今まである意味無視して生きてきたあなたの、小さな頃の大事な気持ちをちゃんと見ていく、そして癒していく事で、ちゃんと安心感を育てて、自分を成長させていってあげる事。

そして本当の意味で自分の人生の舵を持つことが大切なんです。親に感謝するとか許すとかの前に、そもそもの「自分」を形作る事。

それからですよ。その時にやっと今までと違う何かが見えるかもしれない。

だってね。自分と親は、別々の生き物です。どんなに愛していてもどんなに嫌っていても、別の人生があります。そこが心から腑に落ちた時に

  • 自分自身の心をストップさせて殺して親のいう事を飲み込む。
  • 親が自分を理解して変わってくれる。

そもそもその条件って必要でしょうかね。。。どちらかが変わらないといけないこの檻。必要とは限らないから。

だから私は、まずはあなたが自分の軸を取り戻す。あなたがあなたの人生を幸せにする。あなたがあなたの気持ちを大切にする。

そんなお手伝いをこれからもしていきたいと思います。

それではまた~~~~。

★関連記事をリトリーブサイコセラピー協会のHPへ掲載していただきました!こちらどうぞ

「原家族」と「我慢」と「悩み」の関係とは?
皆さんにとって、原家族とはどういった感覚を呼び起こすものでしょうか。 「家族だから」縁が切れない。 「家族だから」仲よくしたい。 「家族だから」わかって欲しい。 「家族だから」折り合いをつけたい。 でも実際は。 「家族なのに」うまくいかない。 「家族なのに」どうして?? このせめぎあいが苦しいんですよね。 この家族間の...

★根本解決!リトリーブサイコセラピー個人メニューの詳細はこちら↓

予約*問合わせ
セッション・電話カウンセリングの受付可能日/会場★個人セッション大阪市内のセミナールーム、貸し会議室で行います。(ご予約確定後ご連絡いたします)■10月■ 11日(日)10:00~お仕事帰りの夕方や夜間の対応可能な日もご...

★福満のメルマガはこちらから。お得な特典もございます★

登録・解除フォーム

★まずは電話で相談したい!という方はこちらをご検討くださいね。

【悩み相談】リトリーブサイコセラピー協会 電話カウンセリング
リトリーブサイコセラピーのカウンセリングを電話で1時間3000円~と安価で気軽に受けられます。悩みを相談したいけど腰が重い、海外や地方など遠方でなかなかセラピーを受ける機会がない、子育て中で家を空けられない、もっと安くて気軽に相談したい、顔を見せるのが怖いので対面セッションより電話がいいなど、

★リトリーブサイコセラピーの応用コースはこちらから

大阪リトリーブサイコセラピー応用実践コース6期 | 株式会社ユアエクセレンス(リトリーブサイコセラピー)
リトリーブサイコセラピー応用実践コースはリトリーブサイコセラピー基礎コース卒業者のみが参加できる特別コースになります。 リトリーブサイコセラピー®応用実践コースの概要 別名「心理セラピスト虎の穴コース」と呼ばれるプロを目指す方に向けた、リトリーブサイコセラピー応用実践コースです。 心理セラピストや心理カウンセラーなど【...
タイトルとURLをコピーしました