悩む時間を自分を生きる時間に変えて、自由に生きよう

心理セラピストの福満多岐子です。
悩みや生き辛さ。人間関係の重苦しさなどを感じながら
「自分が変で大げさなのかも。心の持ちようかも」と自分で解決しようとしてきたのではないですか?

心の問題・人生の生き詰まりには必ず原因があります。
・共依存・愛着の問題・トラウマ・親子問題・漠然とした絶望感・消えない不安・・・
それらを解決して本音で自分の望む人生を生きるために
リトリーブサイコセラピー(心理セラピー)を軸に
「心の問題」を根本から解決していきます。

リトリーブサイコセラピー・解決とは?

心配

人間関係

共依存の醍醐味。もたれられる安心感【悩みが解決しない理由その2】

「もたれられて支える」って想像してください。これ「触れ合う」って事。これを失うのが怖いのはある意味当たり前です。あなたはあなたで「相手を支える」ことで自分が安心できる。そうやってお互いが利用しあって損ないあってしまう関係性が「共依存」です。
共依存

その悩み、その荷物、誰のものですか?【悩みが解決しない理由、その1】

あなたがいつも抱えているその悩みの主語は誰ですか?子供の成績、親の心配、彼の気持ち、など。自分ではどうしようもない事や他人の事。ましてや頼まれてもいないのに他人の心配をしておせっかいをして勝手に悩んでいませんか?それ、共依存かもしれません。
不安

あなたの責任で私を安心させろ!という依存と攻撃

不安な時にはすぐに安心したいですよね。でも残念だけど100%の安心を与えられるって、ない。ないのに無意識に「100%大丈夫」「こうしたら絶対大丈夫」という安心感を外に求めてしまうと何が起こると思いますか??それは【依存と攻撃】です
共依存

「あなたが間違ってる!!そっちのせいだ」【正論中毒・正義中毒】になってませんか?

間違った相手を叩きたくなる、責めたくなる。そんな人はちょっと注意が必要かもしれません。この正義の制裁は「依存性」「中毒性」があるんです。ドーパミンが放出される。要は「気持ちよい」んですね。 それで自分の不安を誤魔化している場合が多いんです。
共依存

お母さんの為に言ってるのにどうして聞いてくれないの?という苛々と悲しみ。

こんにちは。大阪の心理セラピスト福満です。 新型コロナウイルスの影響。大きいですよね。私は実はだいぶ落ち込んでいましたよ。皆さんはどうですか。疲れが出ないように。気を付けて一緒に乗り越えていきたいですね。 私はこの禍を「地球からのメッセージ...