その悩み。苦しさ。生き辛さ。ずっと抱えたまま生きていく必要はないんです。

こんにちは。 心理セラピストの福満多岐子です。「大げさ?」「変な悩み?」「でもずっと苦しい」「未来が不安」「誰にも言えない・・・・・」そんな気持ちを一人で抱えていませか?「本音で自分の望む人生を生きていきたい。」そう感じていませんか?
リトリーブサイコセラピーという心理セラピーを軸に「心の問題」を根本から解決していくサポートをしています。

リトリーブサイコセラピーとは?

恐怖の話しと痛みの話し

不安

こんにちは。
大阪の心理セラピスト・福満です。

健康診断が怖くて、期限ぎりぎりの来月に設定した福満です。こんにちは。
病院って何となく行きたくない。。そして健康に不安があるから行きたくない。そして痩せろって言われるから行きたくない。健康診断までに、怒られない体づくりをしようと思います!!!!!


ところで行きたくないといわれる代表は歯医者さんですよね。。
皆さんは歯医者さん、お好きでしょうか。

私は大嫌い→大好き💕に変わったんですが、、。
今日はその時の思い出話を聞いてください。

「恐怖のはなし」と「痛みのはなし」です。

歯医者さんに恐怖を覚えた「原体験」と積み重ねた「妄想」

私は昔、前歯を折ってしまい、
その時の治療がもう、人生で1番辛かったんです

16歳の頃で、、、しかもね。
痛かったら右手あげてね、とか、言われるじゃないですか?

あれ、それまで手を上げたことなかったんですよね。私。でも、その時痛すぎて手を上げたんですよ。

そしたら。なんと、

「もうちょっとだから我慢して」

え?ありますか?
そんな事がある?

あ、今のちゃんとした歯医者さんは麻酔なしで折れた歯の治療なんてしないし、痛い中で「我慢して」とは言わないとの事です!!!

その時の絶望感、、、、不信感、、、痛み、、、

それからですね。
私、20年くらい歯医者には行かなかったんですよ、、、、、

怖い目にあいたくないから。
「歯医者は怖い」怖い!!
その恐怖から逃げたくて。

で、その間に、
被せた銀歯が取れましたけど、ミルキー食べてたらとれた。
それの治療も行かなかったですね。

そこだけ念入りに磨いたりあれやこれやして、、、、ある意味もう、願掛けというか神頼みですよね。

で、ずっと逆の歯で硬いものは食べていたと思います。あ、多分、虫歯だったと思います。

まあ、でも行かなかったですね。
で、その歯は
そのうち痛くなくなりました。

でも、、

高熱が出た時や、
何か疲れた時などだけ
その歯が痛むんですよ、、

そして30歳を過ぎて、、
そのころ転職をしたんですけど。ちょっと間に1年くらい仕事を休む時期を作ったんですね。割とワーカーホリックだったのでちょっと自分をメンテナンスしよう!!!と思い立ったわけです。

病院で、不調がある部分を見てもらったり、、、
で、最後に残ったのが歯。そして心ねw でも心がやばいくらいメンテナンスが必要なのにはそもそもまだ気づいていなかった。

とりあえず、歯でした。

ですがね。
20年ほったらかしていたんですよ。

そしてこんな恐怖が湧いてきました。

歯医者に行ったら叱られるかも。
歯医者に行ったらもう全ての歯を入れ歯にされるかも。
歯医者に行ったらもう手遅れって言われるかも。
痛い事されるかも。



うん。まあ、妄想ですよね。

現実にやってくる「本当の恐怖」

その頃、こんな情報をネットで見るように
なりました。

虫歯菌が、体を巡って、
脳や心臓の、病の原因となる、、

と。。これも真偽のほどはわからないのですが。。

そんな時ですね、病院で他の検査をしてる時に白血球か何かの数値について少し異常値が出て、
虫歯がありませんか?そういう場合も考えられます、と、言われたりして、、、、ここで、

虫歯菌そのままにしてたらヤバイ!!!!!!と、いう恐怖を感じるようになりました。

歯医者怖いVS虫歯菌怖い!の戦いですよ。。。


勝ったのは虫歯菌怖い!!!の恐怖です。

私はようやく歯医者さんに行きました。

ええ。
すごく調べて行きました。

もう、歯医者さんに対する恐怖は
20年以上の月日の中で妄想やなんやらで何倍にも膨れ上がっていたのですもん。

もしかしたら大きなミスで死ぬこともあるらしい、、、、くらいのところまで想像はいってました。

歯医者 痛くない
歯科医 絶対痛くない
歯科医 評判
歯科医 麻酔
歯科医 医療ミス

などなど山のように検索して、歯医者さんに行きました。

で、最初のカウンセリングで歯の状態を見てもらった後言われたんです。

「どうして今、歯科に来ようとおもったんですか?」て。

正直に震える声で、、、

ずっと怖くてこれなかったけど、
ほっとくのはヤバイと思って、、、
やっぱりもう、ボロボロですか??無理ですか。。。


怖かっただろうな。歯医者さん。。いきなり来て謎におびえる30代の私。。

そしたらね。、超優しく言われました。

「え、ボロボロではないですよw。。でもね、レントゲン見てください。
この歯、明らかに1本だけおかしいでしょ。もう神経も死んでます。これね、ものすごく痛い時期があったはずなんです。辛かった時期。だけど今はもう死んでるから痛くないと思います、、、

その歯はもちろん、
被せた銀がとれたあの歯なんですけどね。

生きる原動力は何ですか?

私は「恐怖」から逃げたくて歯医者に行かなかったし「恐怖」から逃げたくて歯医者に行きました。

これ、実は、生き方の話なんですよ。
私は「恐怖」から逃げる生き方をしてたって事。

いつも怖い感覚から逃げようと、それを原動力にしていました。

危機回避は大事。
だから恐怖から逃げる事の全て悪いって訳じゃないです。

実際私は、虫歯菌が怖くて歯医者さんにいけた訳ですから。
でも実はそこには「もうちゃんと自分を大事にメンテナンスしたい」という「こうでありたい」があったんです。

そして本当は恐怖から逃げる選択よりも「こうでありたい」を軸にする方が人生はシンプルで建設的です。

自分が健康でいたい自分を大切にしたい
その感覚を軸にしていれば、たとえ怖いとしても歯医者に行くでしょう。そしたらシンプルにそれで終わってた話です。



恐怖から逃げる、という生き方は、目的地もない。結局人生を停滞させてしまいます。

あなたの心は「本当は痛い」といってませんか?

それともう一つ。

これね、ものすごく痛い時期があったはずなんです。辛かった時期。。。だけど今はもう死んでるから痛くないと思います、、、

この言葉、、、。言われた時、自分の歯に対して「ごめんね」って思いました。
これね、心の話にも通じるなっていつも思うんです。

心もね。傷付いたら痛い。けど、人はそれをなんとか、やり過ごしたり感じないようにしてしまう。
そしてそのうち、本当に痛くなくなった気がしてしまう。

それ、心を殺してるから痛くないのよ。
だから時々、何かの機会にあふれて痛くて痛くてたまらなくなるのよ。

だから。
心が死んでしまう前に、、
諦めて感じなくなる前に。。。

心が痛いと気づいたその時に、本当はそれをきちんと受け止めてメンテナンスする事が大切です。
痛みって、ほんと、感じないフリしたいけど、、
その痛みは、心が、もう、しんどい!死にそうだよーーーーって悲鳴だと認識してください。

、、正確には心はね。痛さを感じなくなっても、まだ仮死状態、だと思います。
心はね。あなたが生きてる限り先に死んだりしないから。今からでも見てあげられる。
ちなみに私は、この歯と向き合って1年後から心理の世界に入ることになります。最後にやっと心と向き合ったんですよww


そのまま心を凍らせたまま、仮死状態のままであなたの人生はオッケーですか?

ぜひ一度思いを馳せて見てくださいね。

おしまい。

★根本解決!リトリーブサイコセラピー個人メニューの詳細はこちら↓11月個人セッション募集開始です!!

予約*問合わせ
セッション・電話カウンセリングの受付可能日/会場★個人セッション(大阪・東京)■12月大阪市内のセミナールームまたは貸し会議室で行います。(ご予約確定後ご連絡いたします)12日(土)10:00~13日(日)10:00~/13:...

★福満のメルマガはこちらから。お得な特典もございます★

登録・解除フォーム

★まずは電話で相談したい!という方はこちらをご検討くださいね。

【悩み相談】リトリーブサイコセラピー協会 電話カウンセリング
リトリーブサイコセラピーのカウンセリングを電話で1時間3000円~と安価で気軽に受けられます。悩みを相談したいけど腰が重い、海外や地方など遠方でなかなかセラピーを受ける機会がない、子育て中で家を空けられない、もっと安くて気軽に相談したい、顔を見せるのが怖いので対面セッションより電話がいいなど、
タイトルとURLをコピーしました