「あの人みたいになりたい」が叶わないのは「自己否定」のせい?

不安
Pocket

こんにちは。
心理セラピスト、福満です。

私はリトリーブサイコセラピーという心理セラピーを提供しています。

心理セラピーに出会うきっかけって、やっぱり「心の悩み」「心のしんどさ」ですよね。
「悩みがあるから。」です。

あなたは今の悩みを解決して、そしてどうなりたいですか。

誰かのようになりたい、あんな風になりたい でも、なれない という悩み

  • 先輩のA子さんみたいになりたい。
  • キラキラ輝くB子さんみたいになりたい。
  • しっかりしたC太郎のようになりたい。
  • なんの悩みもないD子になりたい。


そんな感じで「誰かのように」なりたい。
そう思っている人もいるのではないでしょうか。
それ自体は全然悪い事ではありません。

イチローみたいになりたい!と憧れたのをきっかけに野球選手になって活躍している人
治療してくれたお医者さんを目標に医師を目指した人。。。

いると思います。
これもまた素敵ですよね。

・目標とする人がいる事
・憧れ

これはパワーになりますもんね。
でも、、、、、、、、

心の問題で悩んでいる時には、この、
「あの人みたいになりたい!!」「あの人みたいに慣れれば解決!」と思う事、そしてそれを目指すことは
実は
「逆効果」になる事がとても多いんです。

「逆効果になる」
……その原因は何だと思いますか?

それは
・自己否定がベース だという事です。

自己否定動機に気付く方法は?

どうやって「自己否定がベースか?」に気付けると思いますか?

それは「動機、目的の問いかけと深掘り」です。
「どうしてそうなりたいのか?」って質問を自分にしたら。。

どんな答えが返ってきますか?

・あの人みたいになれたら、、、安心?

  • 安心できる。
  • 人に嫌われないだろう。
  • こんな気持ちにならなくて済む。
  • 親を喜ばせられる。安心させてあげられる。

そんな答えがかえってきたら、それはまさしく、自己否定なんです。

◆不安を感じたくない
という、自分の感情「不安」を抑圧したい、消したいという動機と目的。

◆自分のままではだめ
という、自分ではない違うものになりたいという動機と目的。

これって強烈な自己否定なんです。
自分のままではだめ

そうやって自分の本質を殺すことが目的な事が、叶うわけもないし、

そのまま表面上、、、あの人っぽくなれてしまったら、、叶ってしまったら、、、、
一瞬は「安心」が手に入ったように感じる場合もありますが。
「でもこれは本当の自分ではない」という感覚のうえに積む「安心」です。
綱渡りの綱の上で一瞬ポーズが取れた気がしただけ。
本質、本来の自分は不安なまま、、それを押し殺し、抑圧する事はますます「自己否定」を拗らせて、悪化してしまうんです。

・ポジティブな目的なら大丈夫?

自分に問いかけた時、、、、
楽しそう!
あれがしたいな!

そういう「自分の欲求」「ポジティブな願望」に基づく感覚で、その人が単に憧れや目標ならきっと大丈夫!!!
..と言いたいところですがそうだとしたら「そもそも悩んでない」んですよ。
それが「自分の本当の動機」で、「ポジティブな欲求」だけなら、もうあとは行動するだけなはずです。

それなのに行動できないとしたら、、、、、

「行動してしまうと何が起こりそうか?」
「なぜ行動しないのか?」を問いかけます。。

  • 私になんてできるわけがない。
  • 出来ないのにやって惨めになりたくない。
  • やったら馬鹿にされそう。
  • 失敗が怖い。取り返しがつかなそう。

  • できてしまったら、調子に乗るなと見捨てられる。
  • 応援してもらえない。
  • そもそもチャレンジする事が、わがまま、身の程知らずなのではないか。

、、そんな感覚が出てきませんか?
これもまた「自己否定」の問題です。

私にはできない、、という感覚。
できてしまうのも怖い、、、という感覚。

自分自身の足を自分で止めている状態。
その根底にあるのは、、、

  • 私はダメ
  • 私は孤独
  • 私は価値がない

そんな自己否定の感覚なんです。
問題はこの自己否定です。



底なし沼のように、心の奥に、体の底にある自己否定の問題。


これを「あの人みたいになりたーーーい。」とキラキラとした「目標」にすりかえても
叶うわけもなく、叶ってしまっても、、、、、な事は前述のとおりです。

自己否定が解決したらどうなれるの?

自己否定が解決したら「あの人みたいになれますか?」「あんな風になれますか?」という質問は、答えがループになってしまいそうではありますが。

自己否定がベースではない時って、そもそもそこへの「執着」はなくなります。

あの人みたいになりたいと思っているならそこに向けて健全に努力できるようになります。
努力してもなれなかったととしても、、そこに焦燥感が生まれるものではないんです。

そうやって努力しながら、自分なりの形、自分の目標をを作っていけるんです。

それは時にはね、残念だなと思う事はあるとしてもです。
あーーーイチローにはなれないんだなってね。。
でも、そんな自分にOK!が出せるようになります。

そしたらイチローとは違う、自分の形が見えてきます。
イチローよりすごいかもしんないしね。

あの人みたいにならなきゃ
あんな風にならなきゃ

そんな風に悩んで、焦ってしまう。自分はダメだと悩んでしまう。執着してしまう。
そんな時は、まず自分の中の

・自己否定
・自分のままではだめという恐怖

この心の根っこの問題に向き合う事をおすすめします。

自分のままではだめという恐怖
というのは一昼夜にしてできるものではありません。

必ず根っこがあり、自分でも知らないうちにその根っこを育ててしまっていることがほとんどです。

この自己否定や恐怖。不安感がどこから来るのか。
原体験、根っこからしっかり扱っていく事をおすすめします。

解決して、、本当に「なりたい自分」になりたい。
安心して生きたい、と決めた時が、あなたの解決できるタイミングだと思います。
自分の「その時」を誤魔化さないためにも自分との対話をして下さいね。

それではまたね。

★じっくり問題解決をしたい!という人はこちら。リトリーブサイコセラピー基礎コース【大阪】

403 Forbidden

★根本解決!リトリーブサイコセラピー個人メニューの詳細はこちら↓

受付日時・規約
リトリーブサイコセラピー・心理セラピーの個人セッションや電話カウンセリングのお申し込みページです。

★福満のメルマガはこちらから。お得な特典もございます★

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=takikotherapy

★まずは電話で相談したい!という方はこちらをご検討ください。

【悩み相談】電話カウンセリングサービス - 日本リトリーブサイコセラピー協会
【悩み相談】電話カウンセリングサービス 悩みを相談したいけど腰が重い、海外や地方など遠方でなかなかセラピー

★本でじっくりリトリーブサイコセラピーを知りたい、あなたにおすすめの一冊です。

タイトルとURLをコピーしました