【頭ではわかっているのにできない】悩みが終わらない理由

悩みを抱える
Pocket

こんにちは。
大阪のリトリーブサイコセラピー、心理セラピストの福満 多岐子です。

今回は、悩みを解決するために、自分を良くするために

自問自答してる。
自分と向き合ってる。
頭ではこうした方が良いとわかっている。

それなのに思ったように出来ない。。
そんな悩みやしんどさに陥っているあなたへ。

こちらの記事で
悩みは「嫌な感覚や葛藤を避けるから解決しない」について書きましたが。。
それでも繰り返してしまう、解決しない、と感じている人は多いですね。

もう、私は無理なんじゃないか。
性格だから仕方ない。

、、とかって諦めてしまう前に読んでくださいね。

変われないのは性格だから? 特性だから?

わかってるけどやっちゃう、それが人間だよね。
これが私の性格なんだよね。。。
やっぱり長女ってどうしても強がるし素直になれないとこあるじゃん?
これも私の個性かな。


しんどいのに!
そんな風に諦めて、自分の辛さを消化しようとしていませんか?

だって
いくら考えて
いくら頑張っても
いくら自己啓発な本読んでも
いくら自分を1番大事にする方法の本読んでも

変わらないんだもん!

そう感じていませんか?

そう、
その通りなんですよね。実際。

わかってるのにやっちゃう。
苦しい。もういや。
でも….
どうしてだろう。

そう。
頭と行動が一致していないんです。

自問自答して
自分との対話で
ここに気付いた時は分岐点です。

投げ出しちゃうか、
本当に悩みを解決すかの分岐点。

わかっているのにできない、わかっているのに変われないのは
思考ではなく、あなたの体の奥の感覚が
NO!と言っているからです。

頭と心と体の感覚が一致していれば、「思ったように」行動できるようになります。
そもそも一致していれば、「こうしたら良いんだ」と思っていたら、そうします。

変われない原因は「無意識」の恐怖と思い込み

人の気持ち、思考は、自分で認識できている部分と、認識できていない部分があります。

いわゆる、無意識とか潜在意識とか呼ばれるものです。
実は人の行動を決めるのはこの「無意識」が90%以上占めていると言われます。

そして、人の「人生脚本」
・自分はどういう人間か
・自分はどう生きるか
・自分という人間の自己重要感

「思い込み」「信念」「価値観」
・人生における前提となるもの

これらはその、無意識の中であるものです。

だから、頭(思考)で、いくら「こうしたい!こうする!」と決意しても、無意識でNO!「そうしない!」と決めている状態なので変わる事が出来ません。

本当の自分なんて誰にも受け入れて貰えない。誰からも愛されない存在だ。

例えば、、
・本当の自分なんて誰にも受け入れて貰えない。誰からも愛されない存在だ。
と無意識で感じているなら、

表面上の悩み
「恋人にも本当のことが言えない。信じ合いたい」を解決しようと思っても、、、

いざ、自分の気持ちを伝えようとすると、、、、

できない。。。。。

という事が起こります。

彼氏がどんなに愛してると言ってくれても
「いつも本心を隠しているよそよそしい態度が寂しい」
など言われ
「このままの方が関係がおかしくなる。」とあなたが気付いていたとしても
いざとなると、言えなくなる。。。。。

って事が起こります。

そしてこうつぶやくわけです。
「わかってるんだけどね。できない、、、」

できなくて当たり前なんです。
・本当の自分なんて誰にも受け入れて貰えない。誰からも愛されない存在だ。

これをいくら思考で
「そんな事ないはず」と思い込もうとして
「私は受け入れて貰える素晴らしい存在だ――」と100回唱えて
「さあ、自分をさらけ出すぞ」と思っても

心の奥で体の奥で、
「そんな事したら、孤独になって死ぬよ!絶対ダメ!!」と無意識が働き、自分を止めているのです。

無意識の思い込みは幼少期にあなたを守ってきたもの

この「無意識」の思い込みは、幼少期から刻まれていく事が多いです。
成長とともに繰り返され、強固になっていきますが、
「最初」に思い込んだきっかけは、幼少期の家族環境という事が圧倒的に多いんですね。

これは親が「毒親」だという事に限りません。
どんだけ愛されていたとしても、良い親だったと感じていたとしても
そこに、恐怖があった、という事です。


たとえば先ほどの
・本当の自分なんて誰にも受け入れて貰えない。誰からも愛されない存在だ。

そんな感覚を、無意識にっているクライアントさんはとてもとても多いです。
あなたの中にも、ありますか?

この感覚を握りしめてしまった幼少期の環境は、、

  • いい子にしている時だけ優しくしてもらえた
  • お前は気持ち悪い、お前がおかしい、などいつも気持ちや意見を否定された
  • 「あなたはいい子よね。お母さんの気持ちわかってくれるよね。そんなあなたが大好きよ。」など、理想を押し付けられた
  • 家族が不仲で、母に父の悪口、父に母の悪口を聞かせられるなどの環境
  • 家族の中で仲間外れにされた
  • 孤立した家族だった(親戚、近所などで)
  • たらい回しにされた
  • ネグレクトや暴力
  • 病気や経済的など親が大変そうなので助けていた
  • 本音や緒としたわがままを言うと親が悲しんだりとても困った顔をした

など等などなど、、の環境で刻まれます。

こんな状態だと、子供はいつも自分に嘘をついて「親の望む自分」になるしかないからです。
幼い子供にとっては、親の暴力や、親の無視、親が弱る事、、、それは生きていけない恐怖です。
その感覚は、あなたが「生き延びるために」身に付けた感覚といえます。
それに子供ってやっぱり親が大好きなので、助けたい、見て欲しいって思うんです。


「自分を出しちゃダメ!本当の自分のままじゃ愛されないよ」
その感覚はこんな感じで、身について、人生の中で強化されていきます。

これからの人生を変えていくために

心理セラピーのセッションでは、
この「無意識」「幼少期に身に付けた感覚」そして「恐怖」を扱います。

幼少期はあなたを助けてくれたこの感覚。
これを手放す事は、ある意味、「今まであった安心安全」を手放す事です。

本音を言わない事で、愛されてきた、少なくても穏便に平和に、波風たたなかった、傷つかなかった。
そうやって自分を保ててきたんだもん。

でも、、、
今。これからの人生をどうしたいでしょうか。


「今までの生き方をかえたい」
「自分の中の「こうしたい!」に忠実になりたい」

そう思った時が、あなたが「変われる時」だと思います。
私も心理セラピーセッションで精いっぱいサポートさせていただきます。

あなたの、
こう生きたい、こうなりたい。

大事にしてくださいね。
それではまたーー。

★根本解決!リトリーブサイコセラピー個人セッション、カウンセリングのメニューの詳細はこちら↓

受付日時・規約
リトリーブサイコセラピー・心理セラピーの個人セッションや電話カウンセリングのお申し込みページです。

★福満のメルマガはこちらから。お得な特典もございます★

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=takikotherapy

★まずは電話で相談したい!という方はこちらをご検討くださいね。

【悩み相談】電話カウンセリングサービス - 日本リトリーブサイコセラピー協会
【悩み相談】電話カウンセリングサービス 悩みを相談したいけど腰が重い、海外や地方など遠方でなかなかセラピー
タイトルとURLをコピーしました